このカテゴリーに属する場所が表示されています

神戸(ページ目)

2010年12月25日 (土曜日)

神戸 伍魚福「スライスパンチェッタ」 [神戸]

先週、兵庫から東京に来た親戚のマキオさん家族から、
高砂金鍔と一緒におみやげにもらった...


神戸 伍魚福の「スライスパンチェッタ」


塩漬け、熟成、乾燥まで約20日間のこだわり製法、
豚バラ肉の生ベーコンです


クリスマス・イブに、
ダロワイヨのバゲットと、ブルスケッタに。

ねっとりと濃厚な味で、塩気も適度。
美味でした。

お店データ:

株式会社 伍魚福
兵庫県神戸市長田区野田町8-5-14
電話: 078-731-5735 / FAX: 078-734-0772

参考ページ:
http://www.gogyofuku.co.jp/

2010年12月23日 (木曜日)

本高砂屋「高砂金鍔」 [神戸]


先週、兵庫から東京に来た親戚のマキオさん家族から、
手みやげにもらった...


きんつばの元祖、本高砂屋の「高砂金鍔」


箱のなかには、金鍔を模した包み。
なんというんでしょう、この悪代官気分


付属のギザギザのついたプラスチック製の小刀で、
こんな感じで四つに切って食べます。

小麦粉の衣をつけて焼くまえの、
いわゆる「生きんつば」。

1998年春に生まれた品だそうで、
添加物をつかわずに1か月日持ちするように、
製法や包装にもいろいろとこだわっているそう。

食べてみると、甘さや小豆の粒感しっかり、
でもしつこくなく、みずみずしい食感。

しっとり美味でした。

ひと言:
姉妹品に、いも餡をつかった「高砂銀鍔」もあるそう。
お店データ:

株式会社 本高砂屋
兵庫県神戸市東灘区向洋町西5-1
フリーダイヤル: 0120-078-124

参考ページ:
http://www.hontaka.jp/

2010年11月16日 (火曜日)

神戸の「教会カフェ」こと、「フロインドリーブ本店」へ [神戸]

イタダキ星: ★★★☆☆

11月6日(土)、神戸の中華街、南京町でランチのあと、
徒歩で北野町に行くまえに...


気になっていた「教会カフェ」こと、生田町の
「フロインドリーブ本店(FREUNDLIEB)」へ。

東京の広尾にも支店がありますが、ここが本店。
1Fはドイツパンやお菓子の売り場、
2Fはカフェになっています


ホントの雰囲気は、2Fのカフェでこそ
味わえると思いますが、30分待ちだったので、
1Fの売り場でおみやげを買って帰ることに

ポンパニッケル


ライ麦100%の素朴なドイツパン
「ポンパニッケル」(5枚入りで250円くらい)


温まる程度にホントに軽くトーストし、
バターをたっぷりめに塗り...


ハムとカマンベールチーズと一緒に。
ホントは生ハムのほうがよいそうだけど、
ロースハムで代用。

うん、素朴。味はあまりなく、いわば健康食品。

むかしちょっとドイツにいたときに、
朝によく食べたパンに似ている気がしたけど、
あまりにも遠い記憶で定かではなく。

ダブルスイート


一緒に買った、小さなクッキーの詰め合わせ。
これで600円くらいだったかな?

きちんと甘くて、クッキーを食べている感強し。
って、当たり前か。

予算:
ポンパニッケル 250円くらい?、ダブルスイート 600円くらい?
お店データ:

フロインドリーブ(FREUNDLIEB)
兵庫県神戸市中央区生田町4-6-15
電話: 078-221-1257
営業時間: 10:00-19:00
定休日: 水曜日

参考ページ:
http://r.tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28000106/

2010年11月13日 (土曜日)

神戸北野「異人館」「風見鶏の館」あたりを散策 [神戸]


先週土曜日の昼下がり、
神戸生田町のフロインドリーブ 本店へ。
その後、北に向かって歩き...


明治から大正にかけて神戸に住む外国人が建てた
洋館が立ち並ぶ、異人館街を散策。

英国館(イギリス館)には、
庭にレトロ調のロンドン・タクシーが停まっていて、
おおっ、カッコイイ


北野三本松広場の石製の冊には、北野クラブの文字。
なんとなく、ビートたけしのむかしの番組を思い出し...。
というのは置いといて。

その後、坂をぐいぐい登り...


北野町広場へ。
ひときわ目立つ洋館は「風見鶏の館」。
少し休憩したあと...


坂をまーーーっすぐ下って、三宮駅へ。
途中、北野界隈の雰囲気を壊さないように、
洋館風に立てられたスターバックスや...


船を模した乗り物や、すごくシックな色合いのバスも。

こんな感じでささっと散策して、
梅田に戻りました。

参考ページ:
http://www.kobe-kazamidori.com/

神戸元町「生田神社」をちらっと参拝 [神戸]

先週土曜日、神戸元町の中華街でランチのあと、
歩いて三宮へ行き、さらに北野へ行くことに


2007年2月に、藤○○香と陣○○則が挙式をあげた
生田神社をたまたま通りかかったので、参拝



七五三シーズンのため、家族連れの参拝客がけっこう。
おめかししている子供たちが、愛らしかったです。

お店データ:

生田神社
兵庫県神戸市中央区下山手通1-2-1

参考ページ:
http://www.ikutajinja.or.jp/

2010年11月10日 (水曜日)

神戸中華街、南京町の「昌園」で、メニューにない「海鮮ローメン」を食べるの巻(ランチ) [神戸]

イタダキ星: ★★★☆☆


土曜日は、大阪出張の合間に、神戸の元町へ。

中華街の南京町(なんきんまち)に行って、
ランチを食べることに




土曜日のお昼どきとあって、さすがにかなりの人出。
東の端「長安門」から西の端「西安門」まで
ひととおり歩き...


南京町広場のすぐそば、「昌園(しょうえん)」へ。

ケータイでクチコミを調べたら、
ここのローメンが美味しいという情報を得たので、
行ってみたのでした


広場側と通り側の両方に入り口あり。で...


海鮮広東料理の名店のようで、
店内に神戸市長賞の盾などが飾ってあります。

で、ローメンを頼もうとするも、メニューにはナシ。

店員さんにたずねると、
「ローメン、できますよ。海鮮ローメン」
「おいくらですか?」
「1,600円。美味しいですよ」
とのこと。

なんか違ったかな、と思いつつ、
引き下がるのもアレなので、注文。

さて、どんなものが出てくるかまったく想像がつかず、
待つこと10分弱で...

海鮮ローメン 1,600円


登場!


海老(えび)、蟹(かに)、帆立(ほたて)の、夢の共演


ヒキで見ると、こんな感じ。
海鮮と青菜がたっぷりで、麺がほとんど見えません


で、食べてみると、油そば、といった風情。
熱々ではなく、ちょっとぬるめ。
やや油分が多いけど、塩気ひかえめでけっこうあっさり。

特筆すべき味ではないけど、きちんと美味。
なんといっても、海老、蟹、帆立が美味しかったです

五目汁そば、焼売、豚まん 945円
(セットメニュー)


こちらは、セットメニューの五目汁そばに...


焼売と豚まん。

ラーメンは低加水の細麺で、たぶんローメンと同じ麺。
あっさり塩味で、タンメンといった感じ。

焼売と豚まんもきちんと美味で、
ごちそうさまでした。

参考: メニュー


ランチセットのほか、レギュラーメニューも注文可

ひと言:
ローメンで有名な、元町の「丸玉食堂」と、どうも情報が混ざってしまったかな。そことも、長野県伊那地方のローメン(Wikipedia参照)とも違う、なかなか貴重なローメン体験でした。
予算:
海鮮ローメン 1,600円、五目汁そば、焼売、豚まん(セットメニュー) 945円
お店データ:

昌園(しょうえん)
兵庫県神戸市中央区元町通1-3-7
電話: 078-392-3389 / FAX : 078-392-2778
営業時間: 11:00-21:00(L.O. 20:30)
定休日: 水曜日
座席数: 72席

参考ページ:
http://kobe-shoen.com/

神戸

カテゴリー「神戸」に投稿された記事が、上から新しい順に並んでいます。

カテゴリー

イタダキ星の意味

★★★★★
超オススメ、絶対また食べたい
★★★★☆
かなりオススメ、また食べたい
★★★☆☆
普通、また食べてもよい
★★☆☆☆
少し残念、あまり食べたくない
★☆☆☆☆
かなり残念、もう食べたくない
☆☆☆☆☆
全く残念、二度と食べたくない

当ブログの紹介

東京都中央区勝どき在住者の東京グルメ日記。勝どき・築地・銀座・月島界隈のランチ・食事など、行ったお店・買ったお店の情報をつづっています。焼肉、焼鳥、海鮮、居酒屋、ラーメン、カレー、洋食、デパ地下、駅弁・空弁など。

詳細はプロフィール参照

現在地表示

あなたの現在地を取得し、近くのお店(過去約1年以内)を表示する機能です。

現在地表示はこちら

ブラウザから位置情報を求めらたら「許可」を押してください。

コミュニケーション

月別アーカイブ

場所

Powered by
Movable Type