この月に行った場所が表示されています

2008年09月(ページ目)

2008年09月30日 (火曜日)

近所の「月よし」でかつおたたき+あら汁 [勝どき]

イタダキ星: ★★★★☆


昨日のランチは、近所の「月よし」へ13時半に

かつおたたき+あら汁+ご飯(並) 790円


雨が降っていて寒かったので、
味噌汁をあら汁に変更して


かつおのたたき(300円)。
大ぶりの切り身が5枚


なんというぶ厚さ


こちらは、具だくさんなあら汁(250円)


大きなあらがゴロゴロ入っています。
これだけでかなりのボリューム


ごちそうさまでした!

ひと言:
パパッと食べて退店。食事はゆっくり味わいたいものです...。
予算:
700-1,000円前後
お店データ:

東京都中央区勝どき4-11-9
電話: 03-3531-5786
営業時間: 6:00-20:30
定休日: 日・祝

参考ページ:
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13014777/

関連記事

2008年09月29日 (月曜日)

四川豆花飯荘「芝麻担担麺(タンタン麺)」 [新丸ビル]

イタダキ星: ★★★☆☆


昨日の日曜ランチは、丸の内で買い物ついでに、
新丸ビル6Fの「四川豆花飯荘」へ


茶芸師がダイナミックなパフォーマンスで注ぐ...


薬膳の「八宝茶」が楽しめるお店です
(八宝茶はテーブルチャージ的な扱い)

八宝茶 294円



目の前で注いでもらうと、
ピシッピシッとした動きで迫力があります
(周りには「ウァー」と驚いた声をあげる人もいたり)



ふたをして2分ほど蒸らすと飲みごろに。
ふたを少しズラして茶葉などをよけながら飲みます。

飲み終わったら、ふたをあけたままにしておくと、
茶芸師さんが注ぎに来てくれます

芝麻担担麺(四川豆花飯荘 タンタン麺) 1,365円


芝麻醤(練りゴマ)の香りがよい担々麺
(辛みを強調した「重慶担担麺」もあります)


濃厚なスープ。けっこう辛さはありますが、
油分が少ないので、意外とあっさり飲めます


ツルッとした食感で、のどごしのよい麺

ひと言:
新丸ビル6F、シンガポールに本店をもつ新四川料理店。平日ランチは「麻婆豆腐セット」や「タンタン麺セット」がリーズナブルに楽しめますが、土日祝ランチはコースメニューやグランドメニューのみ(あと、期間限定のオーダーバイキングも)。芝麻担担麺(1,365円)はオーソドックスな味。八宝茶(294円)のパフォーマンスが楽しめるのがよいです。
予算:
芝麻担担麺 1,365円+八宝茶 294円+サービス料10%
お店データ:

東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング6F
電話: 03-3211-4000
平日・土: 11:00-15:00 / 17:00-23:00
日・祝: 11:00-15:00 / 17:00-22:00

参考ページ:
http://www.sichuandouhua.com/tokyo/

Cow Parade Tokyo Marunouchi 2008

今年も丸の内エリアでカウ・パレードをやっています。
秋の風物詩になりつつありますね。


丸ビル前のカウ2匹。
No.32 牡牛座ギザ11次元No.35 ガンバレ! 丸の牛 2008


こちらは、新丸ビル前のカウ2匹。
No.38 2008 TokyoNo.39 肉地図

2008年09月27日 (土曜日)

月島カフェ「牛すじカレー」と「ぺぺロンチーノ」 [月島・勝どき]

イタダキ星: ★★★☆☆


今日、土曜ランチは「月島カフェ」へ。
月島とはいえ、かなり勝どき寄り、
東京エースレーンの裏手にあります


ランチメニュー。パスタ、ピザ、カレーのほか、
スープランチやその日のスペシャルもあり


カフェ然とした店内(当たり前か)。
いや~、月島エリアではこういうお店は珍しいので、
ものっっっすごく新鮮!

地元民の感覚として、どこか遠くの街に来た感じ。
ホントに。大げさではなく

和牛の牛すじカレー 1,000円
(サラダ・ドリンクつき)


お皿の外縁が大きいので盛りが少なく見えますが、
決してそんなことはなく、ボリュームしっかり


きっちりと煮込まれたルーは、なかなかの味。
具が小さいこともあり、牛すじ感は強くありません。
薬味は福神漬けとらっきょう

キャベツ・アンチョビ・ちりめんじゃこの
ぺぺロンチーノ 1,100円
(サラダ・ドリンクつき)


こちらは、麺にリングイネをつかったぺぺロンチーノ


アンチョビの風味がきいていて、リングイネの食感もよし。
ちりめんじゃこは歯ごたえ要員という感じなので、
そうであればもうちょっと香ばしい具
(それこそオニオンフライとか)がよいかな


食後のドリンク。
店内に『Pen』や『dancyu』などのバックナンバーが
置いてあるので、食前・食後にゆったり読むのもよいです
(個人的にツボな雑誌はなかったりしますが...)

ひと言:
月島3丁目、東京エースレーンの裏手、隅田川寄りにあるカフェ。夜はバーのような料理が楽しめるほか、月島ROCKというラーメン(21:00以降に注文可)で知られるお店。ランチは普通に美味しくて、きちんとまとまっている感じ。今度行ったら、生地から手づくりの石窯で焼く「ピザ」を食べてみよう(夜なら「月島ROCK」も)。
予算:
1,000-1,100円 (ランチ)
お店データ:

東京都中央区月島3-24-8
電話/FAX: 03-3532-3171
平日・土: 12:00-24:00
日・祝: 12:00-22:00

参考ページ:
http://www.discberry.com/cafe/

関連記事

ラーメン けん軒「しょうゆらーめん+半チャーハン」 [月島]

イタダキ星: ★★☆☆☆


木曜日のランチは、ものすごくひさしぶりに
月島の「ラーメン けん軒」へ。

前日の飲みすぎがたたって、朝食抜き。
昼になって、ことのほか体が汁モノを欲したので


代表的なメニュー。
ここはひとつ、初心(?)に帰って...

しょうゆらーめん 650円+半チャーハン 300円


しょうゆらーめんに、半チャーハンをつけて


あ、あれ? こんな味だったっけ?


チャーハンはシンプルな具で、
刻みチャーシュー、卵、ネギ入り。
まあ、普通の味

ひと言:
月島、清澄通り沿いにあるラーメン店。ひさびさに行きましたが、なんだか肩すかしというか、以前はもうちょっと美味しかったような気がしたんだけどな...。
予算:
700-1,000円
お店データ:

東京都中央区月島4-13-11
電話: 03-3531-8850
平日・土: 11:00-15:00 / 18:00-01:00
日・祝: 11:00-15:00 / 18:00-23:00
定休日: 年中無休

参考ページ:
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13043908/

関連記事

2008年09月26日 (金曜日)

イタリアンな青森県産品試食会 [日本橋]

水曜日の夜は、青森県商工労働部観光局観光企画課、
青森県東京事務所流通観光課の方々に
ご招待いただき、「青森県産品試食会」


日本橋小舟町のイタリアン、
Cucina Italiana La Fenice(ラ・フェニーチェ)にて


ぐるなびシェフ BEST OF MENU 2008で優勝された
鳥谷部拓彰さんがシェフを務めるお店。

シェフは青森県出身で、優勝作品も「故郷の風」という
青森シャモロックをつかったコンソメスープです
(いま記念コースもやっているそう)


青森県産品が目白押しのコースメニュー。

セッティングしていただいたのは、
観光・食ブログ「まるごと青森」を書かれている
県庁関係の方々。

一緒にお招きいただいたのは、takapuさんのご縁で(?)


自家製パンが供されて、コースがスタート!

前菜


青森県十和田市ヘライファーム産ダチョウのカルパッチョ、
大西ハーブ農園の香草サラダ添え、
青森県七戸町産にんにくとバルサミコソース。

あっさりとした酸味で、食欲が湧く味。
ダチョウの生肉は新鮮でクセがないのですが、
やはり風味は独特です


純国産バルバリー鴨「銀の鴨」の自家製スモーク
サラダ仕立て、真っ黒フルーツにんにくのドレッシング。

黒にんにくは、青森空港のロイヤルカフェ
食べたことがあったのですが、
鴨とこんなに合うとは思いませんでした


これが黒にんにく。
生にんにくを長時間蒸し焼きにしたあとに
熟成させた酵素発酵食品で、
糖度が40%以上とフルーツより甘く、にんにく臭さゼロ

パスタ


青森県十三湖産天然「大和しじみ」と初雪茸の
七戸町産長芋の自家製ニョッキ、
阿房宮菊と海鮮キャビア添え。

長芋のニョッキは初体験でしたが、
滋味深く力強い味です


上にかかっている海鮮キャビアは、
ウニ、カキ、ホタテなどの魚介エキスなどでつくった
キャビアンヌという人工キャビア。
青森の「ホクユーフーズ」という会社が開発したそうです


青森県脇野沢産猪豚の自家製ベーコンを使った
ブカティーニ・アマトリチャーナ、
パルミジャーノのフォンドゥータソース


スパゲッティーニよりも太いパスタ、ブカティーニが
フォークにズシリとからんで、食べごたえ充分。
猪豚のベーコンは、塩も燻しも最小限という感じ。

ソースの濃さもちょうどよく、夢中で食べてしまいました。
残ったソースをパンですくって食べると、これがまた...

メイン料理


青森県産3種のブランド豚「長谷川自然豚」
「奥入瀬ガーリックポーク」「南部赤豚」の炭火焼、
青森野菜の炭火焼を添えて



炭工房 勘の青森りんご炭で焼かれた豚肉3種で、左から
南部赤豚、奥入瀬ガーリックポーク、長谷川自然豚。

ひとつひとつ別々に食べたらわからない味の違いが、
シンプルな炭火焼きで食べ比べるとはっきりとわかります。
といっても、どれも美味しくてペロッと食べました。

どれが一番好き(というか炭火焼きに合うと思うか)
というと、「南部赤豚」かな...


青森短角牛「八甲田牛」のタリアータ、
赤ワインとジョミ「ガマズミ」のソース、
嶽きみと大西ハーブ農園のルーコラ、インカトマト添え。

豚肉3種で脂の旨さを味わったあとに、
この八甲田牛で赤身を味わう感じです



ジョミ(ガマズミ)のソースがかなり野性的。
原液を飲ませてもらいましたが、
「うなぎの生き血」を思い出しました(ちょっと大げさ?)

嶽きみは甘味が強いのはもちろん、
繊維質が普通のとうもろこしよりもやわらかく、
食べやすい感じがしました。

トマトの原種「インカトマト」は、
普通のミニトマトをさらにひとまわり小さくしたサイズで、
薄まった水っぽさがなく、とても濃い味

デザート


青森県産ブルーベリーのレアチーズ、
青森県産「シャイニーアップルジュース」の
グラニータ添え、「緑の一番星」のクレームブリュレ


緑の一番星は、ホントに殻が緑色。
青い卵を産む「アロウカナ」と、
「ロードアイランドレッド」をかけ合わせた鶏が、
エゴマやニンニクなどを食べて産む卵だそうです


食後のエスプレッソ


シェフの鳥谷部さん登場。
美味しい料理の数々、ごちそうさまでした!


その後もお店に居つづけ、皆さんと
和製グラッパ酒粕焼酎 稲本屋利右衛門と、
普通のグラッパを飲み比べたり...

お店データ:

Cucina Italiana La Fenice(ラ・フェニーチェ)
東京都中央区日本橋小舟町15-17 協栄ビル1F
電話/FAX: 03-5651-7023
営業時間: 12:00-13:30 / 18:00-03:00
定休日: 日・祝

参考ページ:
http://r.gnavi.co.jp/b822800/

その後...


近くの「備や」で軽く二次会
(築地王さんが「あそこよさそうじゃない?」と即決で)


楽しくてついつい飲みすぎ、終盤戦はかなり意識モーロー

ほかの方々のエントリーはこちら

2008年09月23日 (火曜日)

勝どきでカレーパーティ

かなり旧聞に属してしまう話、というか。

8月31日(日)に、勝どきの某タワーマンションで
植木さん主催のカレーパーティ。


参加者それぞれ、
自分のクリアカップにシールを貼ったり


軽食的にいろんな料理をいただきながら...


ある程度、人が集まったところでカンパイ!


かなりのカレー好きで知られる、この日のシェフ、
ヴィッツさんが...


タンドーリチキンを手にたずさえて登場!
普通の家にはタンドーリ窯があるはずもなく、
揚げる調理法で代替してくれました


総勢30人近くが集まったわけですが...


お待ちかねの本格カレー!


ヴィッツさん手ずからよそってくれて...


いただきます! で、ペロッと食べ、
旨い旨いと3回ぐらいおかわりしたような


うふプリンももっていきました


17時からはじめたパーティも、
あっという間に19時をすぎ、散会。
雨が強く降り出していて、素直に(?)帰宅しました

ひと言:
本格カレーほか、満喫しました!

2008年09月20日 (土曜日)

【閉店】やきとん がえん [月島]

イタダキ星: ★★★☆☆


一昨日の夜は、月島3丁目の路地裏に
9月3日にオープンしたばかりの「やきとん がえん」へ。

ワシ・ブロさんで たび たび 拝見してからというもの、
気になっていたお店です。

月島は、意外とモツ・ホルモン系の激戦区なので、
相応の個性がないと...と行くまえに考えたり


18時ちょうどぐらいに入店。
1Fカウンター席はほぼ埋まっていたので、
2Fのテーブル席に


ステキな着物姿の女性3人が迎えてくれます。
...というのは冗談です


まずはサッポロ黒ラベルの生を


お通しで、キャベツ。
味噌がクリーミーで、生クリームが混ざっている?


マグロブツ


塩煮込み。
やきとんの店なので、当然、豚モツです



テーブルには「四万十味紀行 焼鮎醤油」や
「馬路村のゆず唐辛子」などがあるので、
高知県にゆかりのあるお店なのでしょうか。

...というのはいずれにしても、塩煮込みに
柚子こしょうや七味をかけると美味!
ゆで玉子がゴロっと入っているのも特徴的


シロ1串、ガツ2串


やきとんには、醤油とゴマ油のタレと
レモンがついてくるのがイイですね


チンカチンカに冷えたグラスでホッピー


冷酒「八海山」はグラスも桝も表面張力に挑戦!
ってな具合で...


はらみ2串


珍しくハイボールが置いてあるのもグッド!


つくね2串。鶏つくねです


かなり大きめ、ふわふわの食感で美味


あっさりポン酢味のガツ刺し


ゆず唐辛子が合いますね~


レバー1串、こぶくろ1串


なんこつ1串、かしら2串


最後にまたハイボールを飲んで、ごちそうさま!

参考: メニュー



やきとんを中心に、一品料理まで。
飲みものは、メニューに載っているほかにも
日本酒や焼酎を何種類か取り揃えています

ひと言:
月島3丁目の路地裏にオープンしたやきとん専門店(傳々の近く)。なかなか個性的でよかったですが、もっと個性を追求してもらえるとよいかな? と思いました(なにか華のある名物メニューがあるとか、ご飯ものを充実させるとか)。そうそう、店員さんが丁寧でキビキビしていてよかったです。
予算:
3,000-4,000円前後
お店データ:

東京都中央区月島3-17-5
電話: 03-5761-7732
営業時間: 17:00-23:00
定休日: 日・祝

追記(2009年5月15日)

残念ながら閉店してしまい、
近くで「想いつき料理 勘ちゃん村」という名前で
再出発したようです。

追記(2010年3月3日)

元の場所は、本格居酒屋 築地本丸というお店に。

2008年09月15日 (月曜日)

めし屋「寒さばとあげ定食」 [月島]

イタダキ星: ★★★★☆


昨日の休日ランチは月島の「めし屋」へ13時半ぐらいに。

勝どき寄りの札幌ラーメン どさん子に行ったら
休みだったので(日曜を定休日にした?)。

かなりの人で賑わう月島もんじゃストリートを通り抜け、
ふらりと「めし屋」に来ました


で、とりあえずランチビール(380円)を!


わさび漬け、塩辛、たくあんなど、
テーブルのおつまみが食べ放題ですからね。
生ビールが飲みたくなるってもんです

寒さばとあげ定食 740円


今日のおすすめ定食Aで。
「あげ」ってなに? と思いましたが...


ひとくちサイズのさつま揚げでした


ジュジュジュと音を立てる焼きたての寒さば


適度な脂の乗りで、身だくさん


オン・ザ・ライス!


おつまみの塩辛もオン・ザ・ライス!


で、生ビールもう一杯!


だって、さつま揚げなんて出された日には、
ビールが一緒にいてくれないと...


とかなんとかいいながら、
残りの寒さばとごはんを食べ進め...


ごちそうさまでした!

ひと言:
月島1丁目、清澄通り沿いにある、焼魚で評判のお店。定食740円+ランチビール380円×2=1,500円の満足度の高さといったら、ほかに代えがたいものがあります(食べ放題のおつまみがかなり貢献)。
予算:
700-2,000円前後 (ランチ)
お店データ:

東京都中央区月島1-5-7
電話: 03-3534-8686
平日・土: 11:00-14:15 / 17:00-21:45
日・祝: 12:00-21:00

参考ページ:
http://www.gurume-tsukishima.com/shop/011_meshiya.html

関連記事

2008年09月14日 (日曜日)

天房「上天丼」 [築地場内]

イタダキ星: ★★★★★


昨日土曜日は築地場内6号館の「天房」へ10時ぐらいに。
木曜日にも「芝えび穴子天丼」を食べたばかりですが...


今日は上天丼(1,600円)を!

上天丼 1,600円


海老、白身、野菜などいろいろ乗った欲ばりな天丼



中海老2本、芝海老4本、メゴチ2尾、穴子が縦切りで半身。
野菜はナス、ししとう、アスパラ


中海老はプリッと甘く...


芝海老はサクッとしていてもちろん旨いのですが...


メゴチ天がふっくらしていて旨い!
穴子も野菜もどれも旨いです


最後に小梅を2個ほど食べて...


ごちそうさまでした!


お好みや盛り合わせを頼み、ビールで一杯、
という誘惑にかられますね...

ひと言:
築地場内6号館の天丼・天ぷら店。芝えび穴子天丼(1,400円)もよいですが、いろいろ楽しみたい人はこの上天丼(1,600円)がおすすめ。
予算:
上天丼 1,600円
お店データ:

東京都中央区築地5-2-1 築地場内6号館
電話: 03-3547-6766
営業時間: 6:30-14:00
定休日: 日・祝・休市日

参考ページ:
http://www.tsukijigourmet.or.jp/24_tenfusa/

関連記事

2008年09月12日 (金曜日)

池のや「ブリ漬け丼定食」(ランチ) [勝どき]

イタダキ星: ★★★★★


今日のランチは、中1日で近所の「池のや」へ


さてさて、今日はなにを食べようか...。
見慣れないメニューのこれで決まり!

ブリ漬け丼定食 800円


脂の乗ったブリの漬け丼に、お新香、味噌汁、
さらに小鉢が3品(どう考えても多い)がついた定食


ブリを数えてみると...な、なんと10枚!
うれしい悲鳴が勝どき3丁目中に響きわたります


どこからどう見ても旨そうなわけで...


そのまま食べても、ちょっとわさびをつけても旨い!


ペロッと食べてお腹いっぱいです

ひと言:
池のやでブリの漬け丼を見たのも食べたのもはじめてでしたが、かなり美味しくて大満足でした!
予算:
700-900円 (ランチ)
お店データ:

東京都中央区勝どき3-7-10
電話: 03-3531-0948
平日: 11:00-14:00 / 17:00-22:30
定休日: 土・日・祝

参考ページ:
http://www.gurume-tsukishima.com/shop/199_ikenoya.html

関連記事(ランチに限る)

2008年09月11日 (木曜日)

天房「芝えび穴子天丼」 [築地場内]

イタダキ星: ★★★★★


今日は10時半ぐらいに、築地場内6号館の「天房」へ。

お店に入るまえから、ごま油のかぐわしい香りで、
頭クラクラ、胸はドキドキです...

芝えび穴子天丼 1,400円


芝海老と穴子の天ぷらが豪快に乗った迫力満点の天丼


思わず芝海老を「ひい、ふう、みい、よう...」と数えたら
なんと合計15本! 穴子も丸々一本!


そして、甘辛さが絶妙なタレがかかったご飯がなんとも...
(はじめから大盛りで。大盛り・おかわり無料です)


芝海老は3~4本がひとつに揚げられており...


たまらずかぶりつくと、サックサクで旨い!
芝海老の甘さ、衣の香ばしさが最高です


穴子も、外はサクッと、なかはふっくら揚がっています


山椒をかけても旨い!


テーブルの小梅ちゃんは食べ放題ですので、
おくちなおしにどうぞ


いやー、満足満足。
胃もたれ感のカケラもなく、
センリ軒のヒレカツサンドぐらいならまだイケそうです


いえいえいえ、かえってスミマセン。
これだけの天丼をこの値段で食べられるだけで幸せです
(どの天丼もだいたい100円上がったようです)


お店を出たら、「芝エビ、完売しました」との貼り紙が。
まだ11時まえなのに、今日はだいぶ早い気がするな...


芝海老の壁(ザ・ウォール・オブ・シュリンプス)が
あなたを待っています。
完売まえのなるべく早い時間にぜひ!

ひと言:
築地場内6号館の天丼・天ぷら店。芝えび穴子天丼(1,400円)、かなり満足度が高かったです。ご飯の大盛り・おかわりが無料なのもよいですね。昼飲みならぬ朝飲みで、お好み天ぷらを食べるのもよさそう(芝海老500円、穴子550円、野菜各種200円など、決して高くないどころかかなりリーズナブル)。
予算:
芝えび穴子天丼 1,400円
お店データ:

東京都中央区築地5-2-1 築地場内6号館
電話: 03-3547-6766
営業時間: 6:30-14:00
定休日: 日・祝・休市日

参考ページ:
http://www.tsukijigourmet.or.jp/24_tenfusa/

関連記事

池のや「生たら煮・メンチカツ定食」(ランチ) [勝どき]

イタダキ星: ★★★★★


昨日のランチは、近所の「池のや」へ


天然えびフライ定食にしようかと思いましたが、
裏面に書いてあった...

生たら煮・メンチカツ定食 750円


珍しい「生たら煮」とメンチカツの定食を。
いつもどおり、お膳に乗り切らないボリューム
(無理やり乗せましたが...)


国産の生タラの煮物。
ふっくらとしていて旨い!


小鉢は、タコとわかめの酢の物。
枝豆とツナマヨネーズも入っています


池のやの隠れた名物「メンチカツ」。
アツアツ、肉汁たっぷり、かぶりつくとヤケド必至なので、
箸で割ってちょっと冷ましてから食べましょう


う~、お腹いっぱい

ひと言:
生たら煮、美味しかったです。メンチカツはひさびさに食べましたが、相変わらずの旨さでした。
予算:
700-900円 (ランチ)
お店データ:

東京都中央区勝どき3-7-10
電話: 03-3531-0948
平日: 11:00-14:00 / 17:00-22:30
定休日: 土・日・祝

参考ページ:
http://www.gurume-tsukishima.com/shop/199_ikenoya.html

関連記事(ランチに限る)

いざか屋 旬(夜) [勝どき]

イタダキ星: ★★★☆☆


一昨日、火曜日の夜は、勝どき2丁目の路地裏に
新しくできたお店「いざか屋 旬」へ。

旦那in八丁堀さんがすでに何度か行かれているそうで、
以前にコメント欄で情報をいただいたので行ってみました


外看板には「恭子」という落款(らっかん)が


本日のおすすめ。
魚介から居酒屋ふう一品料理までいろいろ。

店内はテーブルと座敷で計35席ぐらい?
外観からは想像できない広さ。


生ビールと琉球泡盛「春雨カリー」を。
お酒は焼酎系が特に充実しています


お通しは、なめこ、わかめ、長いもに
とびっ子をあしらったもの


刺身三点盛り合わせ。
関イサキ、マグロ赤身、しめさば。
どれも新鮮で美味しい


鶏ももの一枚焼き(塩)。
タレ、塩、イタリアンから味が選べます。
皮がカリッとしていて旨い


特大焼きさんま。
ほっけを頼もうとしたら「今日はさんまがいいですよ」と
おすすめしてもらったので。
なかなか立派で、脂の乗りもほどよいさんまでした


ウーロンハイが進みますね~


鶏なんこつの唐揚げ。
身がたっぷりついたなんこつです


茄子の一本漬け。
長なすをつかっています


二色さつまあげ。
野菜天とじゃこ天です

ひと言:
勝どき2丁目の路地裏に新しく(1か月前ぐらいに?)できた居酒屋。個性はあまり感じませんでしたが、店内の雰囲気もよく、きちんとまとまっている感じがしました。
予算:
4,000-5,000円
お店データ:

いざか屋 旬(しゅん)
東京都中央区勝どき2-11-4
電話: 03-6220-0660
平日 11:30-14:00 / 17:00-24:00
土: 17:00-24:00
定休日: 日・祝

関連記事

2008年09月09日 (火曜日)

とんかつ八千代「車海老・ハモ・ホタテフライ定食」 [築地場内]

イタダキ星: ★★★★★


今日のランチは築地場内6号館の「とんかつ八千代」へ。
11時15分ぐらいに行ったら満席で、5分ほど待って入店


なにを食べるか固く心に誓ってきたので、
迷うことなく..

車海老・ハモ・ホタテフライ定食 1,500円


車海老とホタテ、旬のハモのフライ盛り合わせを


ホタテはいつもどおり絶妙な火の通し具合


正直、(特に、本場の関西で食べた)ハモには
あまりよい思い出がないので、
それほど期待していなかったのですが、
サックリ揚がっていてよい感じ!


ソースをかけて、いただきまーす


ハモ旨い! 臭みやエグみがひとかけらもない!
レモンどころかソースすらいらないぐらい


ホタテは大ぶりで繊維が太くて、
半生の火の通し加減がホントに最高


もちろん、車海老もプリッとしていて旨い!


...と、夢中で食べました!

ひと言:
築地場内6号館のとんかつ・フライのお店。フライ系では半生の絶品ホタテフライがあまりにも有名ですが、旬のハモフライも必食です!
予算:
車海老・ハモ・ホタテフライ定食 1,500円
お店データ:

とんかつ八千代(やちよ)
東京中央区築地5-2-1 築地場内6号館
電話: 03-3547-6762
営業時間: 5:15-13:15(L.O.)
定休日: 日・祝・休市日

参考ページ:
http://www.tsukijigourmet.or.jp/21_yachiyo/

関連記事

センリ軒「ヒレカツサンド」 [築地場内]

イタダキ星: ★★★☆☆


昨日は築地場内8号館の「センリ軒」へ11時20分ぐらいに


ヘビーなものは食べたくなかったので、
サクッと「ヒレカツサンド」を食べて帰ろうと


まずはアイスコーヒー(360円)を。
はじめからシロップが入っていますが、
それほど甘くないので個人的には大丈夫

ヒレカツサンド 600円


ふっくらとした厚めのパンにヒレカツがサンドされて、
なかなかのボリューム


パンはこんがりとトーストされています


カツは甘辛のソースにくぐらせ系
(では、違う系はなにかというと、パンに塗り系です)


ヒレ肉はやわらかくてよいのだけど、
あまり繊維感がありません。

いわゆる「ミルフィーユとんかつ」のように
薄い肉を重ねたカツをつかっているようです
(見た目からもなんとなく伝わるでしょうか)

ひと言:
築地場内8号館の喫茶・軽食店。個人的な好みとして、ヒレカツサンド(600円)は「ソースの味やカツの食感を考えるとパンはトーストしない(しすぎない)ほうがよい」「ソースはもう少し辛いほうがよい(スパイスやマスタードがきいているとよい)」「薄いヒレ肉を重ねるのではなくそのままの肉がよい」と感じました。
予算:
ヒレカツサンド 600円 / アイスコーヒー 360円
お店データ:

東京都中央区築地5-2-1 築地場内8号館
電話: 03-3541-2240
営業時間: 4:00-12:30
定休日: 日・祝・休市日

参考ページ:
http://www.tsukijigourmet.or.jp/36_senriken/

食後に築地場外を歩いていたら...


「能登半島 とと一」という物産店ふうの
お店ができていてビックリ。

最近できたのか、いまさら気づいたのか...

2008年09月07日 (日曜日)

柿の木坂 キャトル「うふプリン」 [渋谷東急]

イタダキ星: ★★★★☆


先週の日曜日は、勝どきの某タワーマンションの最上階で
カレーパーティのため、前日に渋谷の東急フードショーで
「うふプリン」を30個購入


ノーマルは1個 168円、かぼちゃは1個 231円です


卵トレイに入っているのもおもしろいですが...


容器が卵の殻なのが驚き


奥久慈卵をつかったこだわりのカスタードプリン

ひと言:
柿の木坂 キャトルの有名スイーツ「うふプリン」。事前に電話で聞いたら、当日を含めて賞味期限は2日間とのことで30個購入し、翌日のカレーパーティにもっていきました。
予算:
うふプリン 168円 / かぼちゃうふプリン 231円
参考ページ:
http://www.tokyu-dept.co.jp/foodshow/shop/quatre/

メゾンカイザー「クロワッサン」と「プチバゲット」 [渋谷東急]

イタダキ星: ★★★★☆


1週間ほどまえ、渋谷での仕事帰りに
東急フードショーに寄ったら、
「メゾンカイザー」が期間限定出店していたので...


「クロワッサン」と「プチバゲット」を購入


クロワッサンは朝食に食べたり


プチバゲットは夕食に食べたり

ひと言:
クロワッサンはさっくり、プチバケットはカリッとしていて美味しかったです。
お店データ:

メゾンカイザー(MAISON KAYSER)
東京都渋谷区渋谷2-24-1
東急百貨店渋谷東横店B1 東急フードショー内
期間限定ショップ

参考ページ:
http://www.maisonkayser.co.jp/

関連記事

ぼてぢゅう 新大阪駅店「ミックスモダン焼」(お持ち帰り) [新大阪]

イタダキ星: ★★★☆☆


土曜日、大阪出張から東京に戻るまえに、
新大阪駅のフードストリート「味道筋」にある、
「ぼてぢゅう 新大阪駅店」に寄り...


お持ち帰り用の「ミックスモダン焼」(1,250円)を。
できあがりまで10~15分ほどかかります


帰りの新幹線のなかで...


いただきまーす


適当に大きさに切れ目が入っていて食べやすい


海老、いか、豚肉など具だくさん

ひと言:
新大阪駅のフードストリート「味道筋」にある、ぼてぢゅうの支店。新幹線の出発まで余裕があって、駅弁も飽きたな...というときによさそうです。
予算:
ミックスモダン焼(お持ち帰り) 1,250円
お店データ:

大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1 新大阪駅構内2F
電話/FAX: 06-6390-9080
営業時間: 10:00-21:30 (L.O. 21:00)
定休日: 年中無休

参考ページ:
http://www.botejyu.co.jp/shop/osaka_shin-osakaeki.html

関連記事

豆とん庵 堂島アバンザ店(ランチ) [堂島・北新地]

イタダキ星: ★★★☆☆


土曜日は大阪で仕事。
ランチに「豆とん庵 堂島アバンザ店」へ


ランチメニュー

豆とん弁当 980円


豚肉料理ほかいろいろついた「豆とん弁当」を


なかなかのボリューム

ひと言:
堂島アバンザB1の豚肉料理のお店。三元豚をつかっているそう。普通に美味しかったです。
予算:
800-1,000円前後 (ランチ)
お店データ:

大阪府大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザB1
電話: 06-6346-7880 / FAX: 06-6346-7882
平日: 11:30-15:00 / 17:00-23:00
土・日・祝: 11:30-15:00 / 17:00-22:00
定休日: 年中無休

参考ページ:
http://r.gnavi.co.jp/k026622/custom2.htm

神戸屋「カツサンド」 [東京駅]

イタダキ星: ★★★☆☆

金曜日の夜、大阪出張のため東京駅へ


JR東京駅構内の「東京エキッチン」で買った
神戸屋の「カツサンド」(590円)



まあそこそこ美味しい。
バターではなくマーガリンか?
マスタードがきいていているのはグッド

ひと言:
新幹線のなかでサクッと食べました。
予算:
590円

関連記事

2008年09月04日 (木曜日)

江戸川「深川丼+味噌汁+もつ煮込み」 [築地場内]

イタダキ星: ★★★☆☆


今日は築地場内6号館の「江戸川」へ11時ぐらいに


代表的なメニュー。
魚介の一品料理から、ラーメン・チャーハンまである
食堂的なお店です。

食べたいと思っていた「深川丼」と「もつ煮込み」を
目当てに行きました

もつ煮込み 450円


まず、もつ煮込み。
ビシッとしたスキのない見た目


きっちりと仕込まれ、あっさりとした豚もつ(シロ)。
七味をかける必要がないぐらいですが、好きなので

深川丼 850円


つづいて、深川丼。
量は...お茶漬けサイズといったところ


具は、あさり、こんにゃく、ねぎ


味噌がきいた味で、甘みが強め。
深川丼というと「つゆだくだく系」が多いのですが、
濃いめのだしで汁感はありません


小さな器で追加用のだしを一緒に出してもらえます。
はじめから濃いめのだしがかかっていますので、
少しかけるぐらいがよさそう

味噌汁 140円


おかみさんに「今日はしじみの味噌汁だけど、いる?」
と聞かれたので、勧めに乗りました


しじみたっぷり。
味噌の香り高く、アツアツなのがよかったです
(たぶん、注文を受けてからつくっていると思います)

ひと言:
築地場内6号店、場内にしては珍しく幅広いメニューを取り揃えるお店。おかみさんがテキパキしていて温かくて、食事というよりは料理をあてにお酒を飲みたくなるお店です。
予算:
深川丼+味噌汁+もつ煮込み 1,440円
お店データ:

東京都中央区築地5-2-1 築地場内6号館
電話: 03-3541-2167
営業時間: 5:00-13:00
定休日: 日・祝・休市日

参考ページ:
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/18799/

関連記事

夕食用に...



鳥藤 分店で「とり弁当」(700円)を購入。
夏場は本店にはなく分店のほうに置いてあるとのことで。

以前食べたときの詳細はこちら
半年前は600円でしたが、100円アップの700円。
原料費高騰の波はあちらこちらに...

洋食たけだ「鮪の尾肉ステーキ」 [築地場内]

イタダキ星: ★★★★☆


昨日は築地場内8号館の「洋食たけだ」へ11時ごろに。

ホントは別のお店に行こうと思っていたのですが、
休市日でない水曜日で場内はわりとお客が少なく、
「あ、『たけだ』はどうかな?」と思って行ってみたら、
何席か空いていたので


なにかと話題の「鮪の尾肉ステーキ」を注文。
鮪(まぐろ)の尾肉(おにく)です。

店員さんは「尾身(おみ)ワンでーす!」と
厨房に声をかけていました

鮪の尾肉ステーキ 1,100円
(ライス・みそ汁つき)


ドドンと登場!
ライス皿やみそ汁のお椀は決して小さくないのに、
圧倒的に小さく見えます


尾肉ステーキは、中心に太い背骨が通った
輪切りの尾肉をバターなどで炒めています


かなり肉厚!
たっぷりのバターで炒められていて、
ソテーというよりもフライに近いサクッと感


マグロの旨みが溶けだした炒めソースがまた...。
添えられたタルタルソースも食欲をそそります


箸でもつとズシリと重く、食べごたえがあって旨い!
マグロだから肉自体は意外とあっさりしています


レモンをかけても、からしをつけても旨い!


骨ぎしの肉がまた旨い!


鮪の尾肉を純粋に楽しもうと、
ライスはカレーがけ(+100円)にしませんでしたが、
福神漬けはしっかり食べたり


ペロッといただきました!

ひと言:
築地場内8号館の洋食店。2週間ぐらい前からいつも行くたびに行列ができていましたが、昨日はたまたま何席か空いていたので、看板メニュー「鮪の尾肉ステーキ」を食べました(Webサイトには「尾肉の入荷なし」と書かれていますが、落ち着いてきたのかきちんとありました)。オンリーワンな味で美味しかったです!
予算:
この日は、鮪の尾肉ステーキ 1,100円
お店データ:

東京都中央区築地5-2-1 築地場内 8号館
電話: 03-3541-9026
営業時間: 03:00-13:30
定休日: 日・祝、休市日

参考ページ:
http://www.tsukijinet.com/tsukiji/kanren/takeda/

関連記事

余談


休市日でない水曜日ということで、
いつもは大行列の「寿司大」や「大和寿司」も
かなり行列が短かったです

2008年09月02日 (火曜日)

グリル梵 銀座店「ビーフヘレカツサンド」 [東銀座]

イタダキ星: ★★★★★


この「ビーフヘレカツサンド」を銀座で...
(「ヒレ」ではなく「ヘレ」なのがポイント)


大阪・新世界の老舗洋食店「グリル梵」が、
堂島店につづき、ビーフヘレカツサンド専門店を
9月1日に銀座でオープンすると聞いていて、
しばらくまえからかなりモンモンとしていたのですが、
ついにオープン翌日の今日、行ってきました!



最寄りの東銀座駅からは徒歩5分ぐらい。
マリオットホテル銀座と昭和通りをはさんで斜め前。
開店祝いの花がたくさん。

店内には7席ほどのカウンターがあり、
ドリンクを飲みながらつくりたてを味わうこともできます


店内でも持ち帰りでも、
ビーフヘレカツサンド 1人前 2,000円、ハーフ 1,000円。
食べものメニューはこれのみ。
持ち帰りで1人前お願いしました。

朝日新聞が取材に来ていて、待っている間に
「写真にうつっても大丈夫ですか?」と聞かれました
(「別にいいですよ~」と答えました...)


で、持ち帰りました

ビーフヘレカツサンド 1人前 2,000円


できたての熱気で、箱がたわんでおります


オープン・ザ・箱!
オーバー・ザ・1人前のボリューム!

お店で待っている間、つくるところを見ていたのですが、
1人前にはパン4枚、ヘレカツ2枚を使用しています
(およそ2人前といえるでしょうか)


おしぼりとからしつき。
オフィスや公園で食べるときも安心です


で、肝心の中身ですが、秘伝のソースがたっぷり、
さらにトーストしたパンが香ばしくてグッド


ガブリとかぶりつくと、
ミディアムレアに火を通した「ヘレ」が旨い!

肉自体に黒こしょうとレモン(?)がきいていて、
ソースにまったく負けていません


もちろん、からしをつけても旨い!

値段はやや高め(といっても大阪と同じ値段)に
感じるかもしれませんが、ボリュームや味、
個性からいって、値段分の価値は十二分にあります

参考: お店のしおり



しおりにも書いてありますが、自分や家族用だけでなく、
手みやげや差し入れにもっていくとよろこばれそうですね。

デリバリーも応じてくれるそうです
(たぶんお店の近くで、混雑時間帯でなければ?)

ひと言:
大阪に行ったら食べよう食べようと思っていた「グリル梵」の「ビーフヘレカツサンド」が銀座で! ということで、ここ数日かなりテンションが上がっており...。Mのランチさんが8月30日のプレオープンに行かれたとのことで、もう辛抱たまらなくなって今日の15時ごろ伺いました。味・ボリューム・個性とも大満足。広く知られてしまって行列ができるまえに、早く行かれることを強烈におすすめします!
予算:
1人前 2,000円 / ハーフ 1,000円
お店データ:

東京都中央区銀座7-14-1
電話/FAX: 03-5565-3386
営業時間: 11:30-23:00
定休日: 日・祝

参考ページ:
http://www.grill-bon.com/ginza.html

2008年09月01日 (月曜日)

近所の「月よし」であじのたたき [勝どき]

イタダキ星: ★★★★☆


今日のランチは近所の「月よし」へ14時半すぎに。
せわしないときは月よし率が上がります

あじのたたき+ひじき煮+ご飯(並)+味噌汁 790円


あじのたたきをメインに、ひじき煮をサイドに


かつおのたたきがなかったので、
あじのたたき(300円)を。

「たたき」ではなく、単なる「刺身」では?
という疑問は却下です(大いに自分も含めて)。


肝心の味ですが、どこからどう食べても新鮮で旨い。
おろししょうがにはひそかにレモンの絞り汁がかけてあり、
さっぱりと味わえてグッド


こちらは、大量のひじき煮(200円)。
味が濃いめでご飯が進みます


前回の「月よし」では内装がキレイになっていたこと
ご報告しましたが、なんと自動ドアになっているとは!
(今日、気づきました)

ひと言:
ワシワシと食べて、サクッと店を出ました。
予算:
700-1,000円前後
お店データ:

東京都中央区勝どき4-11-9
電話: 03-3531-5786
営業時間: 6:00-20:30
定休日: 日・祝

参考ページ:
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13014777/

関連記事

2008年09月

2008年09月に投稿された記事が、上から新しい順に並んでいます。

カテゴリー

イタダキ星の意味

★★★★★
超オススメ、絶対また食べたい
★★★★☆
かなりオススメ、また食べたい
★★★☆☆
普通、また食べてもよい
★★☆☆☆
少し残念、あまり食べたくない
★☆☆☆☆
かなり残念、もう食べたくない
☆☆☆☆☆
全く残念、二度と食べたくない

当ブログの紹介

東京都中央区勝どき在住者の東京グルメ日記。勝どき・築地・銀座・月島界隈のランチ・食事など、行ったお店・買ったお店の情報をつづっています。焼肉、焼鳥、海鮮、居酒屋、ラーメン、カレー、洋食、デパ地下、駅弁・空弁など。

詳細はプロフィール参照

現在地表示

あなたの現在地を取得し、近くのお店(過去約1年以内)を表示する機能です。

現在地表示はこちら

ブラウザから位置情報を求めらたら「許可」を押してください。

コミュニケーション

月別アーカイブ

場所

Powered by
Movable Type