CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」に参加した

Web::Blogoscope

CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」に参加した

CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」(2009年6月27日開催)

先週土曜日(6月27日)にベルサール西新宿で開催された CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」に参加しました。

以下、感想を書きます。

さあ、きっかけは与えてもらった

製品それぞれについて、どういう目的で、どのようなシチュエーションでつかえるのかが、けっこう理解できました。Webに載っている製品紹介を読んだだけでは頭に入ってこない点が、かなりクリアになりました。

ツール選びでは、このような「目利き」がとても重要。製品それぞれに対する心理的負担(知らないから触りたくないという感情)も、かなり軽減されたのではないでしょうか。

あとは、実際につかってみるだけ

多くの製品が無料版やトライアル版を提供しているので、1〜2日、いろいろと試してみる時間をとるとよさそう。というか、実際につかってみないとわかりません。

自分のスキルを活かしやすいか、という視点も重要

XHTML+CSSが得意な人はソースコードの自由度など、自分のスキルが活かしやすい製品を選ぶのがよさそう。というのも、目的達成のための制約を取り払うには、自分のコアスキルで対処するのが早いし、確実だから。

わたしなら、XHTML+CSSの編集不要(または不可能か、かなり不自由)な製品は選択肢になりえないし、できればJavaScriptやPHPもカスタマイズしたい...などなど。製品のよさ(加点)だけでなく制約(減点)を考慮して選ぶのが大切ですね。

個人的なベスト3

個人的には、次の3つをつかってみたいと思いました。

  1. RCMS
  2. a-blog cms
  3. SOY CMS

RCMSが1番なのは意外? と思うかもしれませんが、もっとも多機能かつ個性的だと感じました。ただ、商用サイトに本格導入するとなると、けっこうコストが高くつきそうなので、一定規模以上の案件で、という前提条件つきです。

やはり、本編で多くの支持が得られたa-blog cmsとSOY CMSが、現実的で身近な選択肢になってくるのかなと思いました。

野田純生さんいわく「MTでいいじゃん」

Power CMS for MTの開発元、アルファサードの野田純生(junnama)さんが、最後の5分プレゼンに登場。「MTでいいじゃん(ええやん)」と。

詳しくは蒲生(Dakiny)さんのレポートを読んでもらうのがよいのですが、たしかにMovable Typeには圧倒的なアドバンテージがあって、それはなにより純生さんや蒲生さんらがいることだと思います。

思うのが、優秀で安価な競合CMSがいろいろと出てくるのは、Movable Typeの輪郭をはっきりさせる(よさをわかりやすくする)のにも、Movable Type自体をよりよい製品にするのにも役立ちますね。

...と、こんなところです。

とにかく、いろんなCMSを実際につかってみるのが先決かな、と思いました。

Posted on 2009-06-30T10:45+09:00 | Category: 身辺雑記

トラックバックPings

トラックバックのURI:
http://www.cybergarden.net/mt/mt-tb.cgi/1155

» CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」のメモ書き from ToysCrown
制作以外のことをしているので、 Web制作者向けという前提条件に当てはまっていないのですが、 新しい知識でも仕入れようかと思い参加。 ※撮影禁止だと思って... [Read More]

Tracked on 2009-07-06T19:41+09:00

» WordPressとRCMSは不景気に対して正義の味方だ! WordPress編 from 世界中の1%の人々へ
HTMLさえわかれば簡単とはいうけど、通常のWebであれば、CMS化よりも、デザインとテンプレートに時間がかかる。 さて、今日のテーマは、単価の見合わな... [Read More]

Tracked on 2009-07-24T07:39+09:00

コメント

« セマンティックなマーク付けとメタデータ活用(7月4日) | ブログトップ | サイバーガーデンbiz、jQuery実践講座とPHP初級講座 »