CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > 2009年6月

Web::Blogoscope

2009年6月

CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」に参加した

CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」(2009年6月27日開催)

先週土曜日(6月27日)にベルサール西新宿で開催された CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」に参加しました。

以下、感想を書きます。

さあ、きっかけは与えてもらった

製品それぞれについて、どういう目的で、どのようなシチュエーションでつかえるのかが、けっこう理解できました。Webに載っている製品紹介を読んだだけでは頭に入ってこない点が、かなりクリアになりました。

ツール選びでは、このような「目利き」がとても重要。製品それぞれに対する心理的負担(知らないから触りたくないという感情)も、かなり軽減されたのではないでしょうか。

あとは、実際につかってみるだけ

多くの製品が無料版やトライアル版を提供しているので、1〜2日、いろいろと試してみる時間をとるとよさそう。というか、実際につかってみないとわかりません。

自分のスキルを活かしやすいか、という視点も重要

XHTML+CSSが得意な人はソースコードの自由度など、自分のスキルが活かしやすい製品を選ぶのがよさそう。というのも、目的達成のための制約を取り払うには、自分のコアスキルで対処するのが早いし、確実だから。

わたしなら、XHTML+CSSの編集不要(または不可能か、かなり不自由)な製品は選択肢になりえないし、できればJavaScriptやPHPもカスタマイズしたい...などなど。製品のよさ(加点)だけでなく制約(減点)を考慮して選ぶのが大切ですね。

個人的なベスト3

個人的には、次の3つをつかってみたいと思いました。

  1. RCMS
  2. a-blog cms
  3. SOY CMS

RCMSが1番なのは意外? と思うかもしれませんが、もっとも多機能かつ個性的だと感じました。ただ、商用サイトに本格導入するとなると、けっこうコストが高くつきそうなので、一定規模以上の案件で、という前提条件つきです。

やはり、本編で多くの支持が得られたa-blog cmsとSOY CMSが、現実的で身近な選択肢になってくるのかなと思いました。

野田純生さんいわく「MTでいいじゃん」

Power CMS for MTの開発元、アルファサードの野田純生(junnama)さんが、最後の5分プレゼンに登場。「MTでいいじゃん(ええやん)」と。

詳しくは蒲生(Dakiny)さんのレポートを読んでもらうのがよいのですが、たしかにMovable Typeには圧倒的なアドバンテージがあって、それはなにより純生さんや蒲生さんらがいることだと思います。

思うのが、優秀で安価な競合CMSがいろいろと出てくるのは、Movable Typeの輪郭をはっきりさせる(よさをわかりやすくする)のにも、Movable Type自体をよりよい製品にするのにも役立ちますね。

...と、こんなところです。

とにかく、いろんなCMSを実際につかってみるのが先決かな、と思いました。

2009-06-30T10:45+09:00 | 身辺雑記 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)

セマンティックなマーク付けとメタデータ活用(7月4日)

書籍表紙:セマンティックHTML/XHTML スクリーンショット: 神崎正英さんセミナー

2009年7月4日(土)15:00〜18:30、東京・T's 渋谷アジアビル 201で、神崎正英さんの新刊出版を記念するセミナーを行います(主催:サイバーガーデンbiz、協力:毎日コミュニケーションズ、CSS Nite)。
http://cybergarden.biz/semantic/

5月に待望の『セマンティックHTML/XHTML』(毎日コミュニケーションズ刊)を上梓された神崎さんをお迎えし、今後のマークアップやメタデータ活用についてご講演いただきます。第2部では、参加者の皆さんから事前に神崎さんへお寄せいただいたご質問を中心に「質疑応答」を行います。

定員70名、参加費3,000円です。
(お申し込み開始から2日足らずで40名以上と、かなりハイペース)

早々に席が埋まってしまう可能性がありますので、
興味のある方はお早めにお申し込みください。

2009-06-03T16:37+09:00 | 身辺雑記 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | ブログトップ | 2009年7月 »