CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > 2007年5月

Web::Blogoscope

2007年5月

第2回「Web研」に出演します

[ロゴ: Web研]

デジタルスケープのセミナーシリーズ第2回「Web研」に出演します。6月13日水曜日19:00-21:30、外苑前 T's PLAZA246 3F ホールP-37、入場無料です。

私もプロジェクトメンバーとして参加しているWeb検定プロジェクトの企画協力です。国内外のFlash/クリエイティブ系アワードを多数受賞されている、博報堂アイ・スタジオの佐野勝彦さんと出演します。

テーマは「ユーザーエクスペリエンス ワタシの流儀 ~最適化アプローチにみる、Flashクリエイターとマークアップエンジニアの違い~」。佐野さんがFlashクリエイターの視点で、私がマークアップエンジニアの視点で。第1部スタディセッションと第2部トークセッションの2部構成です。

佐野さんも私も、日常はディレクションやコンサルティングなどさまざまな仕事を行なっていますが、コアスキルをベースにした視点の違いを忌憚なくトークできればと思っています。

事前登録制のようですので、お早めのお申し込みをおすすめします。

関連ページ

2007-05-29T22:33+09:00 | 話し仕事 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

CSS Nite in FUKUOKA Vol.1 [6月10日]

[ロゴ: CSS Nite in FUKUOKA]

6月10日日曜日19時より、CSS Nite in FUKUOKA Vol.1が、福岡・天神のデジタルハリウッドで開催されるそうです。

スピーカーは、次のおふたりが務められます。

楽しい話がたくさん聞けると思いますので、ご都合のつく方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

2007-05-29T17:30+09:00 | 話し仕事 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

CSS Nite in OKINAWA "SUMMIT 2007" 開催決定 [8月4日・5日]

[ロゴ: CSS Nite in OKINAWA "SUMMIT 2007"]

CSS Nite in OKINAWA "SUMMIT 2007"の開催がついに発表されました。沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで、8月4日・5日(土曜・日曜)の2日間。

CSS Niteドリームチームが沖縄に集結します。 おなじみのスピーカー陣だけでなく、Flashエキスパートや地元の注目クリエイターなどが出演予定。楽しくてタメになるセッション盛りだくさんでお届けします。

常夏系情熱企業 株式会社龍球インク代表 真喜志康一さんを中心とした、地元有志の実行委員会による運営です。

イベント後のビーチパーティやオリジナルかりゆしウェアのご用意など、いろいろと趣向を凝らしたイベントにしようと、関係者で話し合っています。ちょっと早めの夏休み、前後にバカンスも入れて沖縄を存分に楽しむのがおすすめです(私もイベント後、2、3日は滞在予定。「きっちりセミナー、ゆったりパーティ、まったりバカンス」)。

CSS Nite公式ブログ
http://cssnite.jp/archives/post_625.php
ティーザー(告知)サイト
http://www.dragon-ball.in/cssnite/
mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2154196

2007-05-16T09:45+09:00 | 話し仕事 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

XHTML+CSS実践講座 大阪/福岡/青森/名古屋 [5月/6月]

[ロゴ: サイバーガーデンbiz]

株式会社サイバーガーデンが運営している独自のハンズオントレーニングブランド「サイバーガーデンbiz」について、開催が決定している5月/6月の講座をお知らせします。

2007年5月19日・20日(大阪)
XHTML+CSS実践講座 大阪 2007年5月19日・20日 【残席わずか】
2007年5月26日・27日(福岡)
XHTML+CSS実践講座 福岡 2007年5月26日・27日
2007年6月16日・17日(青森)
XHTML+CSS実践講座 青森 2007年6月16日・17日
2007年6月23日・24日(名古屋)
XHTML+CSS実践講座 名古屋 2007年6月23日・24日

2日間、PCを前にして、XHTML+CSSをミッチリガッチリ学習します。
最新情報などもキッチリ、フォローします。
もし各地域にお知り合いがいましたら、ご紹介いただけると幸いです。

2007-05-15T00:07+09:00 | 話し仕事 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

コーディングコンテストVol.1: 審査コメント

[写真: 益子賞の副賞を発表中]
撮影: おかだよういちさん(s-style-arts

CSS Nite LP, Disk 3 "Coder's High"連動企画、デジパ/CSS HappyLife主催「コーディングコンテストVol.1」の審査コメントを公開します。

益子賞の審査コメントはすでに、デジパ平澤さんのCSS HappyLifeにて公開されていますが、「最優秀賞へのコメント」「総評」とあわせて。各賞はこちらのページでまとめて公開されています

益子賞 entry-022(User Centered Designさん)

アクセシビリティへの配慮という制作ポリシーが明確に伝わってくる作品でした(ソースコードまたはCSSカット時の状態を参照)。CSSも短く合理的で丁寧に書いてあり、ムダやムラがない印象でした。

その他、デザインの再現性、画像の切り出し方、フォルダのつくり方、見出し構造など、さまざまな点でもバランスがよかったです。

トップページの冒頭に書いてあるCSS非対応環境への注意文は、もう少し丁寧に言葉をえらんであげると(JavaScriptやスタイルシートといった専門用語は、果たして一般の人が理解できるだろうか?)、さらによくなると思いました。

本編で発表しましたとおり、益子賞の副賞として、北海道直送の毛ガニ(いまが旬!)を贈らせていただきます。

最優秀賞 entry-017(にんさん)

ほぼ満場一致で、最優秀賞となりました。私も、はじめに推(お)したのは、この作品でした。

特に感心したのは、ナビゲーション類に対するdl要素の使い方や、印刷スタイルシートに対応していた点です。head要素内の丁寧で充実した内容、ロゴの画像処理なども、非常によいと思いました。

皆さんも、ぜひこの作品を参考にし、提案力を支えるための想像力を鍛えてもらえると、よりよい成果物をアウトプットできるようになるだけでなく、仕事自体がもっともっと楽しくなるのでは、と思います。

総評(全体的な感想)

「コーダーとしての提案力」が問われた本コンテストですが、ちょっと「おっかなびっくり」というか、どこまで変えてしまってよいのか迷いながら作業したように感じられる作品が多かったのが印象的でした。

それこそ、アタリで入っている仮のテキストを、想像力を頼りにすべて書きかえたり、2ページだけでなく5ページつくったり、といった、よりいっそう踏み込んだ作品があってもよかったと思います(締切りまでそれほど日数なかったとはいえ)。

また、残念ながら審査基準(たとえばW3C Markup Validation Serviceのクリア)を満たしていない作品が意外と多かったことと、きちんと満たしている作品は、ほかの観点から見てもよい出来のものが多かったという点も、注目すべきところかと思っています。

私は91作品を少数にしぼる作業をまずはじめたのですが、残った9作品は偶然か必然か、Another HTML-lintで100点か85点(XML宣言なし)でした。

受賞作品には、大きく分けて、バランスのよさで受賞したもの、ピンポイントな引きで受賞したものの2パターンがあります。いずれの作品からも学ぶところがたくさんあると思います。ぜひ自分のスキルに取りこんでください。

2007-05-14T17:25+09:00 | 話し仕事 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

CSS Nite LP, Disk 3 "Coder's High" 終了

[写真: CSS Nite LP, Disk 3 -Coder's High]
撮影: おかだよういちさん(s-style-arts

5月12日土曜日、東京・ベルサール神田で開催されたCSS Nite LP, Disk 3 "Coder's High"が無事終了しました。320名近くの方々にお越しいただいたということで、大盛況のうちに終えることができました。ありがとうございました。

私は「ザ・コーディングの美学」と題して、トップバッターで35分ほどお話ししました。「コーディングの真・善・美」「The Art of Coding」「コーディングスキルの証明」という流れで、見やすく丁寧な=美しいコーディングはスタッフ間の共通理解を支えること、引いては自分自身のスキルの証明にもつながることを強調しました。途中にはさんだお笑いネタはまあまあウケましたが、本当はもっとウケてほしかった...って、自分はどこに向かいたいんだろうか。

ご紹介したXHTML+CSSソースコードの見やすい書き方は、「すべからくあのように書かなければならない」というわけではなく、特に注意すべきところや特殊な部分など、ポイントポイントで使ってもらえるとよいと思います。

そうそう、同じく考え方にフォーカスしたbA小久保さんのセッションとあわせて、コーダー以外の方にも「わかりやすかった」と言っていただけました。私のは少しばかりヒネった内容だったので「?」と感じた人もいたはずですが、「こういう考え方もあるんだ」「ちょっと新しい視点だな」と思っていただけたなら幸いです。

ヤスヒサさんの発想/実装の「cssnite + twitterライブコメント」、すごくよかったですね。参加者同士、参加者とスピーカー/スタッフ、参加者と参加できなかった人がリアルタイムにつながって、心地よい一体感とグルーブ感が生まれました。これまででベスト、といってよいぐらいよい雰囲気でした。「ついつい、Twitter」なんてキャッチコピーを思いついてしまったり。

神森さん河内さんの「LIVEコーディング」もとても楽しかったです。解説として参加者の皆さんのためにコーディング内容をわかりやすく「翻訳」したつもりですが、至らなかったところはゴメンナサイ。おふたりの勇姿に、あらためて拍手を送らせてください。

追記

公式サイトで終了報告とフォトギャラリーが公開されています。あわせてお楽しみください。

2007-05-14T17:08+09:00 | 話し仕事 | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

CSS Nite premium (Osaka/200706) [6月2日]

[ロゴ: CSS Nite premium (Osaka/200706)

6月2日土曜日に CSS Nite premiumというスペシャルセミナーの第1弾が、大阪・梅田センタービル 31F ホワイトホールで開催されます(13:00-17:00)。

「プレミアム」という名前のとおり、参加費16,800円とちょっとお高めですが、100名限定、後日の資料公開・ポッドキャストなしで、通常のCSS Niteよりも「濃いめ」のセッションが予定されています。

坂本邦夫さんの「色彩設計」、矢野りんさんの「Webレイアウト」、伊藤美沙貴さん・長尾大さん・坂本さんによる「制作ワークフロー」と、高度なビジュアルデザインから案件ベースの実践ノウハウまで、盛りだくさんの内容です。

さらに、CSS Nite premium では「個別プチ・コンサル」を大きなテーマにしており、スペシャル企画「矢野りんによるWebレイアウトのワンポイント添削」では、希望サイトのURLを知らせておくと、矢野りんさんが直接、そのレイアウトの改善ポイントについてワンポイント添削(200文字程度)してくれるそうです。

矢野さんとは『スタイルシート・デザイン』(MdN)を一緒に執筆しましたし、それ以前からいろいろと懇意にさせてもらっているのですが、書きものだけでなく実際のトークでも、明快でわかりやすい意見を忌憚なく言ってくれる方です。

いつにも増して貴重な機会ですので、ぜひ参加されることをおすすめします。

2007-05-01T18:18+09:00 | 話し仕事 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | ブログトップ | 2007年6月 »