CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > 2006年7月

Web::Blogoscope

2006年7月

The Day of Web Standards[Web標準の日]終了

[写真: The Day of Web Standards[Web標準の日]セッションA]7月15日(土)は六本木アカデミーヒルズ49 タワーホールで、CSS Nite & Web標準Blog presenets The Day of Web Standards [Web標準の日]が開催。

私は セッションA: Web標準を最大限に活かすディレクション&ガイドライン というテーマでお話しをしました(13:00-14:00)。案件をスムーズに進めるためにクライアントと共有しておくべきWeb標準の前提と新たな視点、スタッフ/クライアント管理の必要性とホワイトリストの活用、品質保証(QA)に関する少しばかり新しいアイデア、制作会社やコンサルティング会社が企業(広く法人)のガイドライン策定を支援する際に押さえておくべき4つの要素についてご説明しました。

特に笑いをとることもなく(非高橋メソッドでお送りしています的な話でかろうじて失笑)、淡々黙々と進め、カニ話もなく終えました。はじめのプレゼントジャンケン大会でチョキを多めにしてカニ的ビヘイビアをしたとかしなかったとかゴニョゴニョ。キャラ的に今後もマジメ路線で行きたいと思います、って何の決意表明だ。

あと、パネルディスカッションでは急遽 検索ちゃん の裏方のような役割を担当しまして、トーク内容にあわせて主にGoogleでキーワード検索して(例: 「Web標準 ビジネス」)目ぼしいサイトをスクリーンに映す、ということをやっていたのですが、まあたどたどしいったらありゃしない操作感で、かつ、目ぼしいサイトがなかなか見つからないという理由もありで、ちょっとグダグダになってしまって誠にあいスミマセン。

関係者の皆さま、ご来場の皆さま、本当にお疲れさまでした。大盛況のうちに終えることができたのも、鷹野さんをはじめ運営スタッフの方々のご努力があってのこと、また、ご来場の方々お一人おひとりの高いモチベーションとマインドがあってのことです。

CSS Nite 出張版の企画も進行中で、ヤスヒサさんや私などもご協力することになっていますので、またそのときに皆さまとお会いできれば幸いです。

2006-07-17T08:15+09:00 | 話し仕事 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (2)

宣伝会議で講義

7月9日(土)、宣伝会議 のWEBライティング入門講座で「広がるWebメディアの可能性とライティングの役割」という講義を担当しました(14:00-16:00)。

Webの媒体特性とトレンドウォッチ、Webライターの役割と仕事領域、Webライターの会社/フリーでの生き方、Webライティングの基本を知ろう、Webで解決できること/できないこと、という5つのテーマのもと、Webライティングについていろいろとお話ししました。

2006-07-10T01:05+09:00 | 話し仕事 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (1)

XHTML+CSS (r)evolution 終了

昨日7月6日(木)はアップルストア銀座で XHTML+CSS (r)evolution 開催し、無事終了しました。ご来場の皆さま、関係者の方々、アップルストア銀座のスタッフの方々、ありがとうございました。

公式ブログで スライド、音声データ、配布資料を公開しています ので、ご利用ください。

2006-07-07T14:27+09:00 | 話し仕事 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

infoaxiaで連載「Webライティングの理論と実践」をスタート

infoaxia(インフォアクシア): エキスパート連載コラムで、7月5日から連載「益子貴寛の『Webライティングの理論と実践』」がスタートしました。

第1回は Webの媒体特性とユーザーリテラシー。Webライティングの大切さについて、紙媒体との特性の違いや高まるユーザーリテラシー、Web 2.0の観点から説明しています。月1回更新(第2回は8月1日公開、全4回)の予定です。

エキスパート連載コラムでは、植木真さん(インフォアクシア)がアクセシビリティを、大藤幹さん(ZSPC)がWeb標準の基礎知識を、住太陽さん(ボーディー)がSEOを、木達一仁さん(ミツエーリンクス)がWeb標準ワークフローを連載中(または連載予定)です。

2006-07-06T09:20+09:00 | 書き仕事 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | ブログトップ | 2006年8月 »