CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > Web標準ワークフロー

Web::Blogoscope

Web標準ワークフロー

本日発売の 『月刊 web creators』 2006年1月号(Vol.49)の巻末特集で、Web標準ベースのサイト制作のワークフローと技術的なポイントについて書きました。XHTML+CSSを中心にした内容ですが、私なりの問題意識を反映させて書きました。わかりやすく仕上がっていると思います。

問題意識というのは、XHTML+CSSはどうしてもテキストから起こしてページを仕上げていくアプローチで語られることが多い点です。しかし、実際の制作現場では、まずデザインがあって(デザインワークを経て)ページ制作に入ります。個人であっても、きっちりとしたデザインワークはないにしても、何となく「でき上がりの姿」を頭に描いているはずです。

XHTML+CSSのワークフローを示したDesignline for the Open Air blog templateという有名なアニメーテッドGIFがありますが、これはあくまでデザインがきっちりと決まっていることが前提であり、デザインをどうスケルトンに落とし込むか、またスケルトンの各部位をどのように定義するかという重要なプロセスも省かれています(そうでなければ、このようにスムーズに制作できるわけがない)。

今回の記事では、デザインをどのようにスケルトン化し、各部位を定義するかという説明から入っています。テーブルレイアウトとCSSレイアウトの違いは結局、スケルトンをtable要素で組むか、それともブロックレベル要素(主にdiv要素)とidで組むかの違いですから、それを体感してもらえるように書いたつもりです。

もうひとつの問題意識に「XHTML+CSSは"all or nothing"で導入するものではない」ということがあります。XHTML+CSS化とひとくちに言っても、弱度、中度、強度の3つがあります。その点については特集の冒頭で書きました。

また、デザインとWeb標準はトレードオフの関係ではないこと、CSSは「最適化されたXHTML」の存在が前提であること、事前に取り決めておくべき制作方針(クライアントとの合意事項)など、ワークフローの前段階の話も書きました。

XHTML+CSSのワークフローをはじめて学ぶ人だけでなく、すでに身につけている人も想定して書きましたので、ぜひお手にとってご一読いただければと思います。

Posted on 2005-11-29T23:55+09:00 | Category: Web標準

トラックバックPings

トラックバックのURI:
http://www.cybergarden.net/mt/mt-tb.cgi/265

» Barzellette toste from Chinese calender 2006
Ratt mp3 [Read More]

Tracked on 2009-03-27T10:43+09:00

» City map of mississauga ontario from System of a down posters
Neolithic stone [Read More]

Tracked on 2009-03-27T12:24+09:00

コメント

« 風邪のため | ブログトップ | Firefox 1.5正式版リリース »