CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > ほったらかし温泉

Web::Blogoscope

ほったらかし温泉

決して「整備や管理がなされていない温泉」という意味ではない。固有名詞。昨日は日帰り温泉マニアの友人に連れられて、山梨県にある「ほったらかし温泉」に行ってきた。

場所は次のとおり(Google Maps APIを利用)。

ほったらかし温泉

[写真: ほったらかし温泉]広めの無料駐車場が用意されており、大型バスも止まっていた。途中の狭い急斜面の道路でも何度か大型バスとすれ違って、雪が降ったらバスはおろか普通車でも四駆でないと厳しいだろうなと思った。

車のナンバープレートを見ると遠方から来ている人も少なくないが、温泉街ではなく山の途中にある温泉場なので地元の人のほうが多そうだ。

温泉には「あっちの湯」と「こっちの湯」があり、入泉料はどちらも大人500円、小学生以下400円。今回は「あっちの湯」を選択。露天風呂は手前が木造り、奥が岩造り。内風呂と洗い場もある。

露天風呂からの景色が最高。甲府盆地が一望でき、前方右手奥には富士山が見える。ちょうど夕暮れどきに着いたので、お湯につかりながら昼と夜のフェードアウト/フェードインが楽しめた。

追記 (2005-11-13

よく考えれば、「あっちの湯」と「こっちの湯」というのも、投げっぱなしジャーマンふうのイカしたネーミングだ(18:00)。

Posted on 2005-11-13T15:54+09:00 | Category: 身辺雑記

トラックバックPings

トラックバックのURI:
http://www.cybergarden.net/mt/mt-tb.cgi/247

» ほったらかし温泉 from ダンディ・佐々木の日記
ほったらかし温泉 まぁ、なんともふざけた名前だけど、実在実名   甲府盆地や富士山が一望できる180パノラマの天然絶景 ずっと行きたかっ... [Read More]

Tracked on 2005-11-28T00:38+09:00

コメント

« パーソナライズドポータル考 | ブログトップ | 見出し構造の理想と現実 »