CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > 『XML逆引き大全』

Web::Blogoscope

『XML逆引き大全』

[写真: XML逆引き大全 300の極意]『XML逆引き大全 300の極意』
西村 めぐみ・屋内 恭輔 著(秀和システム、2005年8月、2,730円)

どのようなマークアップ/スクリプティング/プログラミング言語でもそうだが、頻繁に使う構文や関数は決まっており、まさに「80対20の法則」が妥当する。(X)HTMLでも頻繁に使う要素は十指で足りる。

本書はXMLアプリケーションのなかでもXSLTに焦点を当て、よく使う構文や関数をTips形式で説明した本だ。RSSなどのXMLドキュメントを自由自在にデザイン((X)HTML+CSSに変換)するにはXSLT(と、その前提としてのXPath)の知識が不可欠だが、この一冊で十分だ。

冒頭の60ページ弱はXMLアプリケーションの全体像の説明に割かれているので、これからXMLを勉強したいという人の入門書としても使えるだろう。

Posted on 2005-10-10T00:08+09:00 | Category: Blog 24

トラックバックPings

トラックバックのURI:
http://www.cybergarden.net/mt/mt-tb.cgi/208

コメント

« 「~」の読み方 | ブログトップ | 書評『XML逆引き大全』 »