CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > 井戸坊でWebを語る

Web::Blogoscope

井戸坊でWebを語る

先日、高田馬場の井戸坊というお店で、木達一仁さん長谷川恭久さん、私の3人で飲み会をした。

『月刊web creators』2005年7月号の特集「WEB標準の導入メリットと実装のポイント」のなかの「3人のクリエイターがWEB標準の今を語る」で鼎談した3人が、エクストラタイムで「忌憚なくWebについて語りましょう」と集まったのだ(いや、順序が逆。集まったら過激なWeb話になった)。

木達さん
Jeffrey Zeldman著の翻訳『Designing with Web Standards―XHTML+CSSを中心とした「Web標準」によるデザインの実践』の技術校正を担当され、お仕事でもWeb標準の普及・浸透に関わっていらっしゃる方。6月末に発売されたDan Cederholm著の翻訳『Web標準デザインテクニック即戦ワークブック―XHTML+CSSを正しく賢く書くための15問』の監修者も務めている。
長谷川さん
ヒットセラー『スタイルシート スタイルブック』の共著者、『進歩し続けるWebデザイナーの考え方―Web designer 2.0』の著者。遊びと仕事のリンケージが巧い方で、新たなWebテクノロジーについても積極的に取り組んでいらっしゃる。

約5時間に及ぶ飲み会の一部を、長谷川さんがPodcast No.26で配信されているので、興味のある方はどうぞ(C@G誕生の裏話なども語っちゃっています)。

* * *

この日は専門学校で朝から夕方すぎまで講義をして、その後の飲み会では5時間も喋りっぱなしで、さすがに翌日はノドが枯れていました。しかし、録音された自分の声というのは、何度聞いても違和感がありますね。早口だし。もっと滑舌をよくしないと。

Posted on 2005-07-22T16:28+09:00 | Category: 身辺雑記

トラックバックPings

トラックバックのURI:
http://www.cybergarden.net/mt/mt-tb.cgi/172

» 浴びるように柚子酎を飲んだ夜 from 覚え書き@kazuhi.to
益子さんがお書きになった「Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい... [Read More]

Tracked on 2005-07-23T08:08+09:00

コメント

« リ・スタート | ブログトップ | 近況報告というよりは »