CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > テーブルの怪奇現象

Web::Blogoscope

テーブルの怪奇現象

Eric Meyer氏のブログのエントリー Table Weirdness(テーブルの怪奇現象)で、キャプション(caption要素)が生成するボックスとテーブル本体のおかしなレンダリングが解説されている。

以下、はじめの2パラグラフを引用するので、興味のある人は原文で続きを読んでみてほしい。

Recently I was doing some table styling for a client and ran into what I can only call tabular weirdness. There were two different things that I stumbled across, and interestingly, they were the kinds of problems you wouldn’t be likely to encounter in layout tables. These would come up much more often in data tables.

(私は最近、顧客の依頼でいくつかのテーブルを作成したが、テーブルの怪奇現象としか言いようがない事態に遭遇した。私が直面したのは2つの異なる状況であり、面白いことにそれらはレイアウトテーブルで出くわす種類の問題ではないことだった。つまり、データテーブルの場合によく出くわす問題と言えるだろう。)

In the first case, the general idea was to put some space between the tables and the surrounding material, but as these were data tables, they came with captions. So I of course put the caption text in caption elements. That’s when things started to get inconsistent.

(まず、テーブルとその周りの要素との間隔[マージン]を指定した場合、データテーブルと一緒にキャプションの位置がズレるのが通常の認識である。私ももちろんcaption要素でキャプションを指定した。そのとき、通常の認識とは異なる事態が発生した。)

Posted on 2005-01-12T22:26+09:00 | Category: Webトレンド

トラックバックPings

トラックバックのURI:
http://www.cybergarden.net/mt/mt-tb.cgi/122

コメント

« よい文章・悪い文章 | ブログトップ | 野菜ジュースの活用法 »