CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > 米IT企業のブランド力

Web::Blogoscope

米IT企業のブランド力

[スクリーンショット: Harris Interactive]Harris Interactiveの調査によれば、米IT企業のブランド力(brand equity)ナンバー1 は「Google」(69.3)とのこと。以下、「Yahoo!」(68.0)、「Microsoft」(63.2)などが続く。

ランキングの重要な尺度(key measures)は、「認知度」(familiarity)、「品質」(quality)、「購買意欲/サービス利用意欲」(purchase intent)、「ブランドの将来性」(brand expectations)、「個性」(Distinctiveness)の5つ。

ネガティブな尺度や、安全性(security)、信頼性(reliability)などが重要な尺度としてあげられていないのが少し気になるが、品質(quality)など他の尺度の構成要素という扱いなのだろう。

オンライン書店の草分け「Amazon.com」(61.5)と「Barnes & Noble」(61.8)は、僅差で「Barnes & Noble」の勝ち。

Posted on 2004-06-29T21:29+09:00 | Category: ITトレンド

トラックバックPings

トラックバックのURI:
http://www.cybergarden.net/mt/mt-tb.cgi/66

コメント

« UnisysのGIF特許が失効 | ブログトップ | MSNが「待った!」 »