CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > いまさら、桜餅

Web::Blogoscope

いまさら、桜餅

[写真: 桜©Rocky]数年前に味覚が大きく変わってから、甘いものが得意ではなくなった。でもほんの少しだけ、旬のお菓子に魅かれる気持ちは残っている。春であれば草餅、わらび餅、彼岸の牡丹餅、桜餅、じきに柏餅の季節になる。

桜餅には関東風の「長命寺」と関西風の「道明寺」がある。長命寺は薄い小麦粉の皮で餡をはさむタイプ、道明寺は粗く挽いた餅米で餡を包むタイプだ。どちらも塩漬けにした桜の葉が欠かせない。

関東生まれ、関東育ちの私は長命寺のほうに馴染みがある。江戸時代、向島の長命寺の門前で売り出されたのがはじまりで、今も「長命寺桜もち 山本や」で元祖が味わえる。桜の季節は過ぎてしまったが、いつか行きたいと思っている。

Posted on 2004-04-17T15:13+09:00 | Category: 身辺雑記

トラックバックPings

トラックバックのURI:
http://www.cybergarden.net/mt/mt-tb.cgi/49

コメント

« 眺望権という言葉 | ブログトップ | 悪夢 »