CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > ブログの行方

Web::Blogoscope

ブログの行方

[画像: ブログの行方]ブログ花盛りである。はてなダイアリー、ココログ、ブログピープルなどのブログコミュニティ(Blogosphere)は軒並み利用者が急増しているようだ。さながら「ブログ・バブル」である。

だが一方で、アメリカのネット利用者のうちブログ作成経験があるのは2~7%、ブログの読者は11%に留まっているという。読者のうち1/3しか投稿経験がないとのことだ。

私は日本でも遅かれ早かれブログコミュニティは飽きられると思っている。キーワードは「落胆」と「ネタ切れ」と「中途半端」である。

まず、ブログコミュニティではインタラクティブ性(トラックバック機能など)が強調されているが、実はそれほどリアクションがなく「落胆」しているユーザーが大多数ではないだろうか。

次に、普通の生活をしていて、そうそう書くネタが思い浮かぶはずがない。また、もし頭の中にたくさんネタがあっても、それを文章にできるかどうかは別の話である。

よく「疲れた」「眠い」など読むに耐えないブログを見かけるのは、単なる「ネタ切れ」か、ネタを文章に変える力がないかどちらかだ。

最後に、気軽に意見交換や議論がしたいのであれば、何もブログコミュニティを利用しなくても、掲示板コミュニティを利用すればよいし、もし積極的に情報発信したいのであれば、自分でウェブサイトを作ればよい。

ブログコミュニティは機能面から見て、掲示板とウェブサイトの両方の性質を備えているが、それゆえに「中途半端」である。

── ブームはいつか去るからこそブームである。

ITmedia「ブログユーザー急増、『はてな』がトップ」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0402/27/ne...
ITmedia「米ネット利用者のうち『ブログ作成経験あり』は...
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0403/01/ne...
Pew Internet & American Life Project, 44% of U.S...
http://www.pewinternet.org/reports/toc.asp?Report=113

追記 (2004-07-05)

その後、少し考え方を変えたのでありました。詳しくは忘れていたブログの本質参照。

Posted on 2004-03-01T11:23+09:00 | Category: ブログトレンド

トラックバックPings

トラックバックのURI:
http://www.cybergarden.net/mt/mt-tb.cgi/44

コメント

« 強調のための下線はNG? | ブログトップ | MSNツールバーの使い心地 »