CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > 強調のための下線はNG?

Web::Blogoscope

強調のための下線はNG?

[写真: 観葉植物]テキストを強調するのに下線を使っているサイトがある。

リンク文字だと思ってクリックすると、何のアクションも起こらない。単に強調の意味で下線を引いているのだと気づく。

だが、これまでの Webの歴史の中で、青の文字色と下線により「これはリンク文字です」ということが記号化されてきたわけで、通常のテキストに下線を引くのは、ユーザーをミスリード(誤導)する原因となる。

また、下線はテキストを読みにくくする。特に漢字は、アルファベットとは比較にならないぐらい「具だくさん」なので、下線が引かれていると読みにくくて仕方がない。

もちろん、色情報に頼らないという意味で、下線はとても重要な役割を果たす(たとえばモノクロ印刷や視覚障害者に)。だが、ほとんどの場合、太字にすれば事足りる。少なくとも私は、下線が随所に引かれた文章を読む気にはなれない。

意外とこんなところに、ユーザビリティの落とし穴が潜んでいる。

Posted on 2004-02-26T20:26+09:00 | Category: Webトレンド

トラックバックPings

トラックバックのURI:
http://www.cybergarden.net/mt/mt-tb.cgi/43

コメント

« ドジへの愛着 | ブログトップ | ブログの行方 »