CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > Webに重要な要素 2

Web::Blogoscope

Webに重要な要素 2

[写真: the frontside of bookshelf area](以下、前回からの続き)

「アカウンタビリティ」(説明責任)と「シンプリシティ」(簡潔性)。この二つこそ、その重要性を再認識しようというストリームが、今後Webで展開されるだろう。

だが、特にシンプリシティについては、それが行き過ぎると単なる「保守」に終わる可能性がある。「シンプル・イズ・ベスト」はひとつの価値ある至言だが、Webの方向性はそれに限定されるわけではない。

たとえば、テクニカルなサイトやグラフィカルなサイトなどでは、新たなWeb技術や視覚効果の可能性を追求するために、あえてシンプルという枠から逸脱することが必要な場合もあるだろう。

大切なのは、そのコンセプトを明確に訪問者に伝え、納得してもらうことである。これは取りも直さずアカウンタビリティの役割だ。そして、アクセシビリティやナビゲーションがしっかりとしていなければ、その文章(言い訳[excuse])を訪問者は発見できず、意図したとおりに伝わらない。

つまり、どの要素も相互補完的な意味合いを持っており、ユーザビリティという胴体を動かす四つの車輪のようなものだと言える。

車輪はどれかひとつがパンクしても、他の三つの車輪に悪影響を与える。車の運転手(Web運営者)にも同乗者(訪問者)にも不快感を与える。

アクセシビリティとナビゲーションに加えて、アカウンタビリティとシンプリシティという視点から、もう一度Webサイトを見つめ直し、パンクしている部分は修理し、空気圧を調整しよう。

そうすれば、きっと今よりも素晴らしいサイトになるだろう。

Posted on 2003-09-15T12:03+09:00 | Category: Webトレンド

トラックバックPings

トラックバックのURI:
http://www.cybergarden.net/mt/mt-tb.cgi/19

コメント

« Webに重要な要素 1 | ブログトップ | 都道府県のアクセシビリティ »