CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > Webデザインの間違い 1

Web::Blogoscope

Webデザインの間違い 1

Webデザインは、レイアウト(配置)やカラーリング(配色)など、単に見栄えの問題だけでなく、アクセシビリティ(アクセス性)やナビゲーション(情報誘導性)など、ユーザビリティの問題をはらんでいる場合が多い。

心配な方は、Alertbox「2002年 ウェブ・デザインの間違いトップ10」を参考にして欲しい。個人サイトや非商用サイトには当てはまらない項目もあるが、大いに参考になるはずだ。

以下では、私の意見も交えながらダイジェストしよう。

1. 価格情報の欠落

ショッピングサイトで製品リストに価格情報を掲載していない場合など。モノを購入する上で重要な価格情報が掲載されていない、何度かクリックしないと価格情報に行き着かない場合などは、せっかくの販売チャンスをみすみす逃がしていることになる。

2. 融通のきかない検索エンジン

検索語の揺れに対応できない検索エンジンなど。ユーザーは正確な情報を持っていないからこそ検索エンジンを使うのであり、ちょっとしたスペルミスや複数形に対応できない検索エンジンでは、ユーザビリティが低いと言わざるをえない。

3. 水平スクロール

これは全く同感。これだけモバイルだ何だと言われているのに、なぜ多くのサイトが1024×768ピクセルで最適としているのか不思議だ。少なくとも、800×600ピクセルでも水平スクロールバーが出ないデザインにすべきだろう。

4. 固定フォントサイズ

スタイルシートのfont-sizeプロパティ(12ptなど絶対指定の場合)には、このような問題があることも認識しておくべきだろう。ただ、フォントサイズによってレイアウトが大きく崩れるのを恐れる気持ちもわからないではない。私もそのひとりだが...。

5. テキストのかたまり

ディスプレイでは長々とした文章は読みづらい。適度に改行するだけで、随分と読みやすくなる。自分で「改行しすぎかな?」と思うぐらいがちょうどよい。その文章は自分にとっては「既知」でも、他人にとっては「未知」なのだから。

6. JavaScriptを使ったリンク

これは意見が分かれるところだ。あまりに長いJavaScriptは誤動作の恐れがあるが、シンプルなJavaScriptであれば問題ないだろう。もちろんJavaScript非対応環境を考えれば、プレーンなリンクのほうが望ましい。

7. FAQの中のめったにない質問

FAQは自己満足ではない、ということ。ユーザーがめったに尋ねない質問を載せても、無駄にFAQを膨張させるだけだ。

8. プライバシー方針なしでの電子メール・アドレス収集

そのサイトの掲示板に書き込んだだけで、勝手にメールマガジンを送りつけるのは、その最たるものだろう。ユーザーの信頼感を損ねるだけだというのに。

9. URL > 75文字

これだけ長いURLはめったにお目にかからないが、確かにURLは長いより短い方がよい。

10. 思いがけないところに仕込まれたMailtoリンク

Mailtoリンク(mailto:)は、クリックするとメーラーが自動的に起動することになるので、あまり好かれていないのが実情だ。なるべくWebフォームを利用した方がよいだろう。もし使う場合は、メールアドレスをきちんと表示しておくことを忘れずに。

Posted on 2003-08-12T17:20+09:00 | Category: Webトレンド

トラックバックPings

トラックバックのURI:
http://www.cybergarden.net/mt/mt-tb.cgi/14

コメント

« 若者はTVよりもWeb | ブログトップ | Webデザインの間違い 2 »