CYBER@GARDEN

home > Web::Blogoscope > Webの欠点

Web::Blogoscope

Webの欠点

自然と不自然新聞衰退の理由の第一は時代のスピードに追いつけなくなったことだ。朝のニュースは夕方に、夕方のニュースは夜に、そして夜のニュースは翌朝にはもう古くなってしまう。テレビやWebは即時に伝えられるが、新聞は朝刊、夕刊まで待たなければならない。待ったところで、テレビやWebで得た情報と往々にして大差がない。

第二は厚さだ。子供のころ、新聞はもっと薄かった。薄いということはポイントが要領よくまとまっているということだ。今の新聞は必要なものが不必要なものに埋没し、さながら雑木林のようになっている。雑木林をかきわけているうちに、外は暗くなってしまう。

知り合いで新聞二紙を頭から尻尾まで読み尽くすという人がいる。私はそれを修身か、個性の主張の一種だとしか思っていない。テレビ欄まで読むのかと訊いたら、流石にそれはないと言っていた。そのことを彼は画竜点睛を欠くといったが、果たして。

Webにも欠点がないわけではない。食わず嫌いが直らないという欠点だ。自分の好きな情報だけ見てあとはしらない、ということになりがちだ。そもそも人間は、自分に都合のよいことだけ取り入れるものだから、実は欠点には当たらないのかもしれない。だが母がピーマンを細かく刻んで料理に混ぜたことで、いつの間にか子のピーマン嫌いが治っていたという例もある。

Webは情報が断片的に過ぎるという点は、効率的という意味では長所でもあり、同時に克服しがたい欠点でもある。

Posted on 2003-06-09T20:08+09:00 | Category: Webトレンド

トラックバックPings

トラックバックのURI:
http://www.cybergarden.net/mt/mt-tb.cgi/2

コメント

« 最適なリンク文字色 | ブログトップ | 携帯カメラ »